--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.20
東京タワー
あんなに「楽しみだー!」って言ってた東京タワーですが、リアルタイムでの視聴は出来ず昨日のお昼に見ました。
でもそうする事で初めからCMをカットした状態で見れたので返ってよかったかも。
1回見終わった後DVDにコピーする為に編集してて気付いたけど、CMめっちゃ多かったんですねー。
テレビドラマの宿命とはいえ、あんなにブチブチCM入ったらちょっと冷めちゃうかも・・・

ほんじゃあちょっとだけ感想をば。
冒頭の病室でのシーン、オカンに「寝むかね・・・おやすみ。。」と声をかけるその言い方が自然で、俳優大泉洋の成長をぐぃぐぃーーっと感じました。ここでまず違う意味でひと感動(笑)素敵だった。

原作と比べると、削られているエピソードが多くて若干かけ足な感じはしたけど、久しぶりに帰った筑豊で東京にオカンを呼ぶ事を決めた時やお葬式の日の夜など、すごく丁寧に作られている場面も多く、とてもとても良かったです。
(私は原作のラスト、オカンの遺骨を○○する場面がすごく衝撃的ではあるけど2人の関係を象徴するようで嫌いではなかったので、どう表現されているのか楽しみだったのに削られていて、それはちょっと残念)

原作では少ししか触れられていない彼女の存在、ドラマではボクとオカンの関係と同じくらい”ボクと彼女””オカンと彼女”の関係が増えてて、賛否両論あるようですが私はとても良かったと思いました。
特に指輪のシーンなんて、ねぇ。広末さんもよい女優さんになられましたね。
女優さんと言えば、田中裕子さんはもう言わずもがなですが、ブーブおばちゃん役の大塚寧々さんがすごく素敵でした。
オカンのお葬式の日に雅也を抱きしめる所なんて、優しくて力強くて、いつだって雅也をしっかり見守ってくれている第2のオカン的な存在。泣きました。

今回のドラマ、大泉洋の演技はそりゃあもう素晴らしく上手で、沢山泣いたし感動しました(手放しで喜んでおります)けど、
とにかく脇を固める女優さんがみんな素敵だったからこそ、あんなにも優しさに溢れた作品になったのではないかなと思います。
それからスタッフの方たちの作品に対する愛情も深かったんでしょうね。

本当に良い作品に主演できて良かったね。
お疲れさまでした。
また一回り大きくなった洋さんが見れてとても幸せ。

出来れば「東京タワー」の映像化はこれでもう止めて欲しい、
と思うのは大泉洋ファンのわがままでしょうな(笑)
次はオダギリさんのボクかぁ。そうかぁ。
それもまぁ見たいっちゃ見たい。(どっちよ!)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://sunorange.blog11.fc2.com/tb.php/351-53da8a9e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する