--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.08
スクエア「ひかげの軍団」
11月5日中之島演劇祭。
前日のヨーロッパ企画が自分的に不完全燃焼だったので
急遽、お友達オススメのスクエア「ひかげの軍団」を観にいく事に。

これがまー大当たり!(私的に!)教えてくれたお友達に大サンキュー!
めちゃくちゃ面白かったわー。
スクエアのメンバーは男4人。この4人だけで芝居を展開します。
NACSみたいだね。年齢もだいたい皆そんな感じでした(適当)
ストーリーをちょっと説明。(長くなる予感・・・)
忍者屋敷や弥生時代の施設(弥生パーク)がある”時代村”で、役者として働いている男4人の物語。
「ゴンドウさん」という主役もやるはずの演出家が休むため、残された3人の役者+新人1人で芝居をやるという劇中劇の盛り込まれたお話。
この新人はゴンドウさんの代役という事で事務所から派遣されてくる訳ですが、残された3人の中では一番の古株俳優(上田一軒)が「それは納得いかねぇ!」ってんで勝手に配役を変え、さらには演出まで始めて・・・というコメディでした。(伝わってますでしょうか・・・)
最初はとにかく新人とその他の3人のいざこざとか、勘違いによるドタバタがメインで、ちょっとしつこく思える部分もあったけど、
後半、劇中劇が始まったらもう次々と笑いの波がやってきました。
殺陣のシーン、気合が入りすぎて出番前にスタンバイを始めた古株さん(役名忘れちゃった・・・)しかし長時間正座で待っていたので足がしびれて立ち上がれず座位で応戦。なんて、斬新!それに合わせて他の役者も中腰になるの!敵なのに!(思わず手ぇ叩いて笑っちゃった、へへ。←迷惑)
他にもたくさん笑った所があったんですが、上手く伝える自身がないため内容については割愛させて頂きます。すんまそん。

芝居内容とは関係ないのですが、今回の私の一番の収穫は奈須崇さんを知った事でした(実はこれが一番言いたかった)。
もーねー!可愛いの!まず頭が誰かさん並みにモジャモジャなのです!それだけて可愛いポイント10点プラス(笑)
まぁ今回の役がちょっとトボケた役だったからかもしれないけど、雰囲気も柔らかくてとても素敵な役者さんでした。
カーテンコールの時もすごく充実した良い笑顔をされてて素敵だったなー(思いっきり主観ですけど)
スクエアのメンバーでバンド活動もしてるんですって。これは大人計画みたいだわね(笑)
今後要チェックだわ!

さー今日はいよいよ山内圭哉さんのお芝居を観に行きます。すごく楽しみ。
そしてこれで私の中之島演劇祭(?)は終わり。楽しむぞ!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://sunorange.blog11.fc2.com/tb.php/345-80862087
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する