--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.28
私のCDJ2006(前編)
今日は仕事もせずにCDJ2006について一日中考えていたいと思いますよ。(ダメOL)
昨日でimpressさんでのオンデマンド中継も終わりましたので。
ネタバレ満載の感想を書きたいと思います。

もしかすると年末のDVD発売までネタバレは断じてノゥだっ!
って方がいらっしゃるかもしれないので、一応続きに隠します。




今回私は4度のチケット争奪戦(FC先行・Lアンコール・モバQ・一般)に敗れ、impressさんでの参加となりました。
本当は行こうと思えば行けるチャンスはあったのです。お友達のご好意で。
でも行かなかった。何故か?
一般発売までの3度の先行にことごとく敗れた時、行きたい熱がかなり冷めたのです。(告白ぅー)
自分のチケ運のなさにホトホト嫌気がさしたし、この異常なまでのチケット争奪戦に疲れちゃって。
もう生でなくてもいいや、と。家でゆっくりimpress見るべー、と。
それでも自分の中で「今回は行かない!」って事をちゃんと消化するのには結構時間がかかりました。
その時期はブログも殆どUPできなかったし。
CDJの事を考えると切なくなっちゃってね。ずどーんと落ち込んだりして。
あはは、今考えるとちょっと恥ずかしいわ。
そんな私のCDJ2006。感想を箇条書きで!(前置き長っ)

・やだー!やっぱ行けばよかったーーー!!!っとオープニングで激しく後悔(バカ)
・あまりのかっこ良さに爆笑(なんで?)特に琢ちゃんと洋ちゃんの登場の時は軽い酸欠状態。
・「よーるーがー明けるまで!♪」と全員で歌いだす所は本当にかっこ良かった。笑ったけど。
・オープニングトーク。みんなのおトイレの心配までしてくれる洋ちゃん。なんて優しいの(笑)
・CUEヒット曲(?)メドレー。会場が興奮のルツボと化してるのがよく分かる。画面が揺れる揺れる。酔うかと思ったわ(笑)
・やっぱり歌った「月の裏で」!この前回のCDJ2004のオープニング曲で私も2年前の興奮が甦り、テンションアップアップ!
・メドレーの最後は「ありがとうの歌」この曲終わりで「山田家」のダイジェストが。早くも涙ぐむ私。
・それにしてもこんな形で芝居に入っていくなんて、なんて見事な構成!大泉洋天才!
・山田青果店のセット。ドリフか?
・店先にぼんやり座る春三じいちゃん。洋一と目と目があった瞬間の表情になんでかゾワッときた。どっちかと言うと面白いとぼけた表情だった気がするのに、なんでだろう。良い表情でした。
・春弘父さんのダジャレ。ほとんどがどうでしょうの前枠・後枠で使用済みのダジャレだったのがちょっとざーんねん。でも「暴れダイコン」は秀逸でした(笑)その後力尽きた春弘父さんが可愛いかった。
・後藤利喜男登場。た、琢ちゃん、相変わらずすごいですね・・・
・宮崎さんのはじけっぷりにはただただ爆笑。「カミの話はいい!カネの話をしてるんだ!」の言いっぷりがすごいツボ(笑)
それにしてもスタイルいいのねー。
・朝日荘に向かうリキオ軍団。声だけで二役演じる琢ちゃん。すばらしい。
・織田先輩がすでに居る・・・最初全く気付かず、パンいちと同じタイミングで見つけて一緒に驚く私。
・織田先輩=光、安田先輩=洋一、パンいち=リキオで、キャラクターが山田家と朝日荘を言ったり来たりする。ベタベタな展開だけどすごく面白かった。とても分かりやすい。大泉洋天才!(2回目)
・あと安田さんも天才!あの有り得ないコケっぷりは凡人には到底真似できません(笑)
・そして前半最後に、この物語の核となる千春の一言がでた時、全てを悟ってグオーッと胸をつかまれました。
・そうか・・・じいちゃんはもう居ないんだ・・・そういう事か・・・

長い・・・
すみません、2回に分けます。
後半は後藤利喜男歌謡ショーから!
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sunorange.blog11.fc2.com/tb.php/317-5a4dcc06
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する