--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.20
謝りたいこと
ここ数日のファンマナー問題をあちこちのブログさんが記事にされてます。
獏のゆりかごやどぼんどの会場で横断幕を下げた人がいたとか。
この行為をした人の本来の目的は
「ほらほら!私はこんなにあなたを応援してますよ!頑張ってね!」
というエールのつもりなのでしょう。
でもそれをされても彼らは決して喜ばない。逆に苦痛にすら感じているかもしれない。
そこに気付かず、一方的に押付けるエールはただただ迷惑なだけだと思います。
これではお互いに損ですよね。
舞台上にいる彼らと客席にいる私たち、お互いにその作品を楽しめるようその時の自分の役割を認識する必要があると思います。

と偉そうに書いてますが、私はまだお芝居を数える程しか観た事がなく、観劇中の自分の役割が何なのかなんてよく分かっていません。
でも一つだけ毎回心がけている事は、「集中して観る」という事です。
好きな役者が出てくると「うわぁ~」となってしまって、役としての彼(彼女)ではなく、一芸能人としての彼(彼女)を見てしまいがちです。
それでは演じている方に失礼ですよね。
真剣に演じている役者をこっちも真剣に観て、その舞台・表現力に感動したら最大限の拍手で、そうでもなかったらそうでもないなりの拍手でこちらの気持ちを伝える。
それが大切な事だと思います。簡単そうでなかなか難しいのですけれどね。

それからもう一つ。
今回「シュガー&スパイス」の舞台挨拶にうちわを持っていった人がいたという話。
私はさすがにうちわは持って行きませんが、以前「ブレイブストーリー」の大阪での舞台挨拶に幸運にも居合わせた時、
サプライズでの登場に興奮して一度だけ「洋ちゃん!」と呼びかけました。
これも今考えると場違いな行動だったと反省しています。洋ちゃんに謝りたい。
洋ちゃん、ごめんね。恥ずかしかったね。
スポンサーサイト
Posted by みゆき at 22:39 | Comments(2) | TrackBack(0) | NACS